豊胸手術後癒着が起こり失敗に終わりました

シリコンバッグ挿入法で男性から注目される胸になりたい

豊胸手術 失敗 : 豊胸手術の失敗について

胸が大きくなると、もっとオシャレを楽しむことができ、男性からも注目されるようになるのではないかと思い、豊胸手術を検討していました。
手術を受けるなら、より大きな胸になりたいと思っていたので、一番サイズアップを見込むことができるシリコンバック挿入手術を受けたいと思っていました。
シリコンバック挿入は、胸に異物を入れるので、リスクが高いということは分っていたので、信頼できるクリニックを選ばなければいけないと思い、クリニック選びは慎重に行いました。
経験がある医師のほうが技術があるということを知り、ホームページで症例数を確認したり、その医師から実際に手術を受けた人の口コミも参考にしてこの医師なら信頼できるのではないかという医師がいるクリニックにカウンセリングを受けに行きました。
カウンセリングでは、手術内容や費用の説明だけでなく、手術を行う上でのメリットやデメリットも紹介してもらうことができたので、ここなら安心して手術を受けることができるのではないかと思い、手術を受けることにしました。
挿入するシリコンバックは、希望の大きさや形などから自分に合うものを医師と相談して決めました。
以前に比べるとシリコンバックが破損することも少なく、破損しても体に悪影響はないと聞いていたのでそれなら安心だと思い、緊張がいくらかほぐれ、リラックスして手術を受けることができました。
手術は、全身麻酔を打ったので、痛みを感じることもなく、いつの間にか終わっていたという感じでした。
入院の必要はなく、痛みは手術後数時間経ってから起こり始め、だんだん痛みと違和感がひどくなってきたので、もらっていた鎮痛剤を飲むと痛みも違和感も治まりました。

シリコンバッグ挿入法で男性から注目される胸になりたい / シリコンバッグは失敗、結局脂肪注入での豊胸に